新築祝いのマナー

新築

新築祝いのマナーとしては贈り物が火や火事を連想させる物はタブーとされています。灰皿とかライターですね。また赤いものもあまり相応しくありません。
新しいお家が火事になるようなことは想像したくありませんよね。

新築祝いは基本的に明るい時間帯に行われます。メインはお家ですから、素敵なお家を見せたいですよね。

新築祝いは完成後、平均すると2、3週間以内に行われることが多いようです。

新築祝いに喜ばれる物

贈って喜ばれる物はいろいろあるかもしれません。一番良いのは相手に聞くことですよね。
しかし日本人はなかなか本音で言ってくれません。また、お金がほしいなんて言えませんよね。

実際は現金を贈る方もいらっしゃいます。相場は・・・

  • 友人知人で5千円から1万円程度
  • 親戚で1万円から3万円程度
  • 親子、兄弟で3万円から5万円程度

しかし現金は少しいやらしいと感じる方も多いようです。そういう方は時計や玄関マット、置物、お花などを贈る方もいます。けれども新築祝いに物を贈る場合は家の雰囲気や相手の好みなどを考慮しなければならないので、とても難しいです。

当サイトの一番のオススメは胡蝶蘭です。

お家を建てた時は来客が増えますので玄関先やリビング、客間などに飾れる胡蝶蘭が人気です。

きれいなお家に高級な胡蝶蘭はとても合います。

新築祝いに胡蝶蘭を贈った方の声

一人目のお客様
東京都在住/K・Kさん

友人が念願のマイホームを建てましたので新築祝いに胡蝶蘭を贈りました。玄関に飾っていただいてましたので、新しいお家が華やかになりました。

胡蝶蘭はどこに飾っても素敵だと思いお贈りしたのですが、友人も大変喜んでくださいました。

二人目のお客様
神奈川県在住/Y・Kさん

親戚がマンションを購入したので、新築祝いとしてお祝いしました。マンションでしたので贈り物に迷ったのですが、こちらのサイトで胡蝶蘭はどこにも飾れるとススメられていたので贈りました。広いリビングに飾られており、贈って正解でした。

新築祝いに胡蝶蘭が人気の理由

人気の胡蝶蘭

胡蝶蘭が人気の理由はいくつかあります。

まず一つ目として花言葉が「幸福が飛んでくる」といいますので、贈り物にぴったりであることです。

二つ目として、鉢植えは「根が張る」という意味がありますので、お家や事務所を建てたり、マンションを購入した方がそこに根を張り住み続けることを願う意味も含まれていますので、人気があるのです。

三つ目は、胡蝶蘭は高級なお花なので贈る相手や飾る場所を選びません。どんな方に贈っても、どんな場所に飾っても喜ばれるという点です。

新築祝いに胡蝶蘭につける立札の書き方

新築祝いに胡蝶蘭を贈る場合は立札をつけましょう。立札は難しそうに感じますが、下記のような感じで簡単にできます。参考にしてみてください。

不安でしたらお店でお任せしてもよいでしょう。

立札の書き方

新築祝いに胡蝶蘭を贈った方の声

胡蝶蘭を買うには、ネットショップがオススメです。
当サイトでオススメなのは「幸福の胡蝶蘭屋さん」です。 お店で購入するよりもメリットがたくさんあるのです。

  • 注文を受けると生産者が直接送ってくれるのでとても新鮮な胡蝶蘭が届きます。新鮮なのでお店にあるものより日持ちします。
  • その胡蝶蘭は世界洋蘭展ブルーリボン賞・農林水産大臣賞などの賞を受賞している高品質の胡蝶蘭であるということ。
        (他にはない実績があります。総理大臣の就任祝い等にご利用頂いたという実績です。)
  • 贈ってくれた胡蝶蘭の写真をメールで贈ってくれるということ。

上記の点からも安心して購入することができますね。

一生に一度の新築祝いですから、最高級の胡蝶蘭をプレゼントして祝ってあげてください。

幸福の胡蝶蘭屋さんのオフィシャルサイトはこちらからどうぞ!

幸福の胡蝶蘭屋さん